足は「全身の縮図」といわれています。

%e8%b6%b3%e3%83%84%e3%83%9c

人が二本足で立つことができるのは、足に無数の神経や筋肉があり、

脳と密接に連絡を取り合ってバランスをとっているからです。

 

つまり足を活性化させると脳をはじめ全身が活性化し、

身体の様々な部分の不調が改善されるのです。

 

右足裏は右側にある臓器と左目、左耳のゾーンがあり、

左足裏には左側にある臓器と右目、右耳のゾーンがあります。

 

親指の付け根から内踝までの「足の内側のライン」は、

身体の背骨にあたり、首や背中のコリや腰痛に対応します。

 

小指から外踝までの「足の外側のライン」は肩や肘、膝の関節に対応しています。

 

足ツボの効果

〇血行が促進し、細胞が活性化します。

〇老廃物が排出されて新陳代謝がよくなります。

〇浮腫みや冷えが解消されます。

※ツボ押しはお風呂上りにおこなうと更に効果を発揮します。

※ツボ押しの前後は、水分を沢山摂りましょう。

 

足ツボの前に軽くマッサージ

1.足裏全体を揉みほぐします。

※足指の間に(足裏の方から)手指を入れて、足指の間を広げます。

※足指の間に(足裏の方から)手指を入れて、足首を曲げたり伸ばしたりします。

 

2.足指の付け根から揉みながら指先までおりてきて、指の両側をもち、引っ張ります。

 ※すべての指を順番におこないます。

 

3.手のひらで足裏全体を擦ります。

 ※血液循環が促進されます。

 

足ツボの方法

母指で押し揉む方法が一般的ですが、ツボ押し棒などを使用しても構いません。

 

母指の腹をツボに置き、息を吐きながらグッと押さえ込み、

3秒から5秒キープして、スッと力を抜きます。

10~15回繰り返します。

 

足ツボの痛み

足裏のツボを押さえて痛いところが、不調の部位を表しています。

老廃物が溜まっていると、かなり痛みを感じます。

マッサージや足ツボを丁寧に行い、滞りが改善されると、

痛みは次第に弱くなります。

 

覚えておきたいツボ

湧泉・・・疲労回復

万能のツボともよばれる「湧泉」は、疲労を改善し身体を元気にします。

足、背中、腰などの筋肉疲労の回復、冷えやコリの改善、高血圧や糖尿病等にも対応します。

「水太り」の人にもお勧めのツボです。

足の指を曲げたとき、足裏にできる「へ」の字なるシワの中央にあります。

 

%e6%b9%a7%e6%b3%89

行間・・・ストレス解消

行間は足の甲側の親指と人差し指の股の間にあります。

ストレスが溜まってイライラするときにお勧めのツボです。

眩暈やのぼせ、赤ら顔の改善、不眠にも対応します。

 

%e8%a1%8c%e9%96%93

三陰交・失眠・・・不眠改善

不眠に対応する足ツボは、「行間」「三陰交」「失眠」などがあげられます。

「三陰交」は婦人病の名穴といわれ、更年期障害などホルモン分泌の

変化に伴う症状に対応しますが、不眠にも有効です。

内踝より指幅4本分上方に位置します。

%e4%b8%89%e9%99%b0%e4%ba%a4

 

「失眠」は、踵の真中にあります。高ぶった気持ちを鎮めて入眠に導きます。

%e5%a4%b1%e7%9c%a0

 

私は足ツボのボードを持っています。

毎日踏んでいますが、疲れているときは鋭い痛みが走ります。

足裏は正直です。自分にとって「特効のツボ」を知っておくだけでも、

健康管理にとても便利です。

 

整体コンディショニングも同様の効果が期待できますので、

一度お試しくださいね。