福山市水呑町、赤い看板が目印のボディケアとエステサロン

ストリーズケア岡田です。

 

梅雨があけると一気に夏本番ですね。

しかし、急に暑くなってくると気を付けなければならないのが

 

熱中症です。

 

そこで、熱中症の予防法と、もし熱中症にかかった時にできる

対処法をご紹介します。

9fd0ca0fc1f4e5ea1b6d8e775e392d57_s

熱中症にはいくつかのタイプがある

ひとくちに熱中症と言ってもその症状はさまざま。

 

めまいがしたり手足がつる軽いものから重症になると意識障害が

でたり失神をしたりと重篤な症状がでたりして、

命の危険にもなりかねません。

 

熱中症の種類を知って熱中症にかからないように注意しましょう。

 

【熱失神】

暑さによる血管の拡張により血圧が低下し、脳への血液の流れが

減少することによりめまいやふらつき、一時的な失神が起きます。

 

【熱けいれん】

大量に汗をかくことにより水のみを摂取した場合に体内の塩分濃度が低下し、

手足がつる、筋肉通などの痛みを伴ったけいれんが起こります。

 

【熱疲労】

水分補給よりも多く汗をかいてしまうと、体が脱水症状になり熱を

逃がせなくなり、倦怠感や頭痛、嘔吐の症状が出ます。

 

【熱射病】

体温の上昇のため中枢機関に異常をきたした状態で非常に危険です。

意識障害やショック症状が出たりするので、涼しい場所に移動し

体を冷やしたり、時によっては救急車の要請も必要になります。

 

 

簡単に予防できるグッズ

外出時の帽子や日傘、うちわなどももちろんですが、

 

【冷却スカーフ】水で濡らして絞ってから使用。手軽なのがいいですね。

 

【クールパットシーツ】寝苦しい夜も快適に過ごせそうですね。

 

【経口補水液】万が一脱水症状になった時にはこれ。飲む点滴ですね。

 

など使えばなお安心ですね。

 

もちろん、濡らしたタオルやスポーツドリンクでも代用可です。

 

元気な人でも炎天下でのスポーツや作業で熱中症にかかりやすくなる

夏はもちろんのこと、急に暑くなりだす梅雨明けからでも

その危険性はあります。

 

特に乳幼児や高齢者はいつも以上に注意が必要になります。

 

また、暑い日中の屋外だけでなく寝苦しい熱帯夜であったり、

冷房の効いていない室内でも熱中症にかかることがあります。

 

こまめな水分補給と適度な冷房で体力の消耗を防ぎつつ、

防止グッズで快適に過ごしましょう。

 

ストリーズケアでは暑さに疲れたカラダを癒すメニューがあります。

気になる方はご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。