福山市水呑町の美脚とダイエットサロン

ストリーズケアの岡田です。

 

年齢を重ねるごとに、気になるのが身体のたるみです。

 

フェイスラインに二の腕、ヒップや太ももなど、

身体のあらゆるところに年齢を感じさせるラインが現れます。

 

しかしながら、意外と忘れがちなのが膝まわりのケア。

 

細い脚でも、膝まわりのケアをしていない人は、

必ずといっていいほど膝に被さるように垂れた脂肪が見受けられます。

 

膝の周りこそが、年齢を感じさせる部位なのです。

 

膝周りのマッサージは、いつでもどこでもできるので、早速始めましょう。

footmassage

オイルを使ったセルフマッサージ法

※マッサージは片足ずつおこないます。

 

1.トリートメントオイルを手にとり、膝(膝下)から太もも

(鼠蹊部に近いところまで)まで、オイル塗布します。

 

2.両手で膝を覆うように優しく撫で擦ります。

 

3.膝から鼠蹊部に向かって、両手のひらで軽く撫で擦ります。

(背面も同様にします。)(3回)

 

4.膝上の真中を両手の母指で軽く圧迫し、そのまま小さな円を

描きながら膝横までいきます。(3回)

 

5.膝上の真中に両手の母指(付け根から指先まで)を置き、

残りの4指でしっかりと脚を握り、圧迫しながら母指を

横に滑らせます。(脚を握っている4指のところまで)(3回)

 

6.膝横を両手の3指(人差し指・中指・薬指)で円を描きながら

膝上のあたりまで上がります。(3回)

 

7.両手のひらで膝の周りを軽く撫で擦ります(3回)

 

8.両手のひらで膝から鼠蹊部まで撫で上げます。(3回)

 

9.膝下内側のあたりから太ももに向かって斜めに撫で上げます。(3回)

 

10.膝下外側のあたりから太ももに向かって斜めに撫で上げます。(3回)

 

11.両手のひらで膝から鼠蹊部まで撫で上げます。(3回)

 

12.両手のひらで膝裏から背面を撫で上げます。(3回)

 

※撫で擦る・撫で上げるマッサージをおこなうとき、

手のひらを肌に密着させると、更に効果がアップします。

 

いつでもどこでも出来るマッサージ法

休憩中やテレビを観ているときでも、膝周りのマッサージを

簡単に行うことができます。

 

ただ、オイルを使わないため、強い力でおこなうと皮膚を

刺激してしまうので、全て軽いタッチでおこないましょう。

 

1.母指を外側にして握りこぶしをつくります。

母指以外の指の関節を使って膝上あたりを円を描くようにして

マッサージします。

 

2.手の全部の指をくっつけて手のひらに窪みをつくり(両手)、

軽いタッチで膝上を叩きます。続いて太ももも同様に叩きます。

 

3.両手のひらで、膝から太ももまで軽くなであげます。

 

膝はかさつきやすい部位です。

 

トリートメントオイルを使うことで、弛みの改善だけでなく、

滑らかな膝をゲットすることができます。

 

ストリーズケアには気になる部分とスリムにする

痩身メニューもあります。

 

気になる方はご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。