福山市水呑町の産後の骨盤矯正とダイエットエステサロン

ストリーズケア岡田です。

zeiniku

産後に太る最大の原因

私たちの身体は、出産したからといって、

すぐに元の体重が戻るわけではありません。

 

人によって違いますが、出産して減る体重は6kg程度です。

 

だからといって、過度のダイエットをすると、母乳が出なくなったり、

基礎代謝が更に低下して、痩せにくい身体をつくってしまい、逆効果です。

 

産後に太る最大の原因は「骨盤の歪み」です。

 

骨盤は男女の形が著しく違う骨格です。

 

骨盤の真中に開いている孔の口径は女性のほうが丸く大きく、

出産時に胎児が通りやすい構造になっています。

 

女性の場合、骨盤は、月経が始まると開き、排卵前後または

次の月経直前に閉まるというリズムをもっています。

 

妊娠すると胎児の成長とともに骨盤は開き、妊娠中の重たいお腹を支え、

出産時には骨盤を最も大きく開きます。

 

大きく開いた骨盤も、出産後は閉じていきますが、閉まりきらなかったり、

歪みが生じたままになっていると、身体に不調をきたします。

 

歪んだ骨盤のまわりには脂肪がつきやすいため、お腹や臀部、

太ももなど下半身が太りやすくなってしまいます。

 

脚痩せにつながる産後ダイエットのポイント

〇産後の下半身太りには、「骨盤の歪みを改善」することに始まります。

 

〇妊娠によって筋肉が減少し脂肪が増えてしまったため、

 減少した筋肉や基礎代謝量を元に戻します。

 

〇意識して、正しい姿勢を保ちます。姿勢が悪いと骨盤の傾きが強くなります。

 

〇脚の血液循環の低下や水分の滞留が原因で起こる浮腫みを改善します。

 産後は睡眠不足や水分・塩分の過剰摂取に注意しましょう。

 

脚痩せにつながる産後のエクササイズ ①

 1.仰向けに寝て、両膝を約90度に曲げます。

 

 2.両手は真横に開き、手のひらは床につけます。

 

 3.両膝を同時に右に倒し、次に左に倒し、これを繰り返します。

 

脚痩せにつながる産後のエクササイズ ②

1.床に座り、両足を前に伸ばします。

 

2.手は胸のあたりに置きます。

 

3.顔は正面を向いたまま、坐骨を右・左と交互にだし、前向きに進みます。

 

4.次に後ろ向きに進み、これを繰り返します。

 

脚痩せにつながる産後のエクササイズ ③

重心が身体の中心にあることを意識しておこないます。

 

1.両足を肩幅くらいに開き、両手は腰(骨盤の骨の上あたり)に置きます。

 

2.腰を左右に動かします。このとき、顔は前に向いたままの状態をキープし、

 骨盤を右に持ち上げる、左に持ち上げる、という具合に意識しておこないます。

 

3.骨盤を前後に動かします。

 

4.出来るだけ大きな円を描くように、骨盤を回します。

 

骨盤ケア

開いた骨盤を自然に閉める、歪みを改善するために、

出産後1~2ヶ月は、産後ニッパーを装着するがお勧めです。

 

産後の骨盤矯正とダイエットでお困りの方、興味がある方は

ストリーズケアにご相談くださいね。

 

ボディケア整体 ボディスリム(痩身)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。