夏になると、温度や湿度の関係で、交感神経が過緊張になることが多く、

自律神経のバランスを崩しやすくなり、夏バテする方が多くなります。

 

また、夏になるときまって体重が減り「夏やせする人」や

反対に体重が増加して「夏太りする人」がいます。

 

夏やせや夏太りの大きな原因は胃腸機能の低下です。

 

統計的に、夏やせは痩せている人に多く、夏太りは太っている人に多くみられます。

fukutsu

夏やせ

酷暑が続くと、暑さ負けして食欲不振になってしまいがちです。

 

暑いときには、どうしても冷たい飲み物や食べ物を多く摂ってしまいますが、

その結果、消化液が薄まり、胃腸が冷え、胃腸機能が低下してしまいます。

 

機能低下に陥ると食物の消化・吸収が滞り、

胃腸に不快感が生じて食欲が減退します。

 

食欲不振になると、口当たりのよいものばかりを摂取してしまい、

タンパク質が不足し、この悪循環が改善されないまま夏を過ごしていると、

体重が減少し身体は痩せてしまいます。

 

まずは献立を見直し胃腸機能を整えることが大切です。

 

夏太り

夏太りする人は、胃腸機能が丈夫で、暑くても食欲不振に

陥ることはあまりない人に多くみられます。

 

ところが、夏バテしないようにと血液をドロドロにするような

スタミナ料理を過剰に摂取するため、さらに太ってしまいます。

 

これが夏太りの原因です。

 

夏太りは戻りにくいだけでなく、生活習慣病の発症を促進します。

 

体重は健康のバロメーターです。

夏太りする人こそ、「毎日一万歩」歩いて、食事の見直しが必要です。

 

発汗体質をつくろう

暑さにも関わらず、汗をかきにくい人は、発汗しやすいからだにする必要があります。

 

体内に熱がこもると、からだは熱の産生を抑制するため、代謝が低下します。

 

代謝が低下すると低体温になり免疫力が下がので、

夏風邪を引いたり夏バテをしてしまいます。

 

発汗体質をつくるには、沐浴がお勧めです。

 

天然塩を用いて入浴すると発汗がより促進されて効果的です。

 

汗腺が活発化し、老廃物が排出され、血液循環もよくなり、冷えも解消します。

 

食前に温かい飲み物で胃腸を温めよう

夏は、胃腸に冷えが生じがちです。

 

食欲不振を改善するためにも、温かいお茶や白湯を飲んで

胃腸を温めから食事を摂取することがポイントです。

 

胃腸が温まると消化機能が高まります。

 

 

お勧めの食材

発酵食品(納豆など)は胃腸の働きを高めてくれ、食欲増進につながります。

 

ビタミンB1が豊富な豚ヒレ肉やウナギ、タンパク質を多く含む魚介や

乳製品、卵などは、夏バテや夏やせを予防します。

 

大根おろしや温かいローズマリーのハーブティーもお勧めです。

 

大根に含まれている消化酵素は、胃腸の働きを整えてくれます。

 

ローズマリーは血液循環を促し代謝機能を高め、冷えや浮腫みを改善する作用に優れています。

 

私は夏の献立は、「温野菜」を中心に組み立てていきます。

温野菜は胃腸機能を整えてくれる大切なアイテムです。

 

ちょっとした工夫が、夏にも負けない身体をつくります。

 

それでも夏バテからくる夏やせ、夏太りでお困りの方は

ストリーズケアにご相談ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。