ストリーズケアの健康への思いと整体の役割について – 福山市の健康と美を考えるエステサロン、ストリーズケア。
あなたの秘められた美しさを呼び覚ます。ストリーズ・ケアでは、最新技術とフレンドリーな雰囲気で、あなたをお待ちしております。TEL:084-983-3533
2018-04-16

ストリーズケアの健康への思いと整体の役割について


ストリーズケアは老化にブレーキをかける整体サロンです

ストリーズケアは現在3人のスタッフで運営しています。

整体担当は代表の岡田哲也です。

ストリーズケアの考える【健康の定義】とは

頭から足先までの関節が柔らかく動き、血液やリンパの流れがスムーズなこと。

朝疲れがとれていて気分よく目が覚めることです。

 

ストリーズケア整体のゴールとは

1.あなたが苦痛やコリから解放されること

2.もう2度と辛い症状に悩まないようにメンテナンスすること

3.自己管理できるストレッチや整体法をマスターすること

 

ストリーズケアの役割とは

 

1.苦痛の解放は、プロの責任として健康回復に向け施術します。

2と3は、希望されれば、あなたに合う様々な方法をお教えします。

 

初めて施術を受けられた後の注意点は?

どんな刺激も好転反応と言って、だるくなったり、眠くなったりします。

これは、大量の血液が動くための疲労感です。

当サロンの施術は、2㎞走った後くらいの血流の変化があります。

 

好転反応ということは、体が反応しているから起こることなので、自然治癒力が高まったとも言えます。

ただし、たるい、眠いという状態は気分的に避けたいものなので、そんな場合はたくさん休養をとり、体を休めてください。

過労や睡眠不足があると特に起こりやすいものです。

年配の方は初回ではなく、3回目あたりで好転反応が出る事もあります。

不安な時は一人で悩まずお電話下さいね。

 

施術効果を上げるためには?

治療後は2㎞マラソンの後のような体ですので、可能なら横になって熟睡していただくと回復は格段に良くなります。

痛みがなくなった!楽だ!と思ってショッピングしたり、会食したり、運動すると、さらに疲労がたまる事になりますよ!

おすすめは、施術の日は帰宅後寝れる準備をしてご来店いただき、帰宅後は布団に直行して寝てください。

90分が眠りのサイクルなので、起きる必要がある方は、90分、180分、270分後に目覚ましをかけるといいですね。

 

早く良くなるための、必要な施術回数は?

以前のブログでもお伝えしましたが、いつも1回で何とかしようと思い施術は行っています。

軽い症状の方なら1回で劇的に回復される場合もありますが、ほとんどの場合、ガマンにガマンを重ねて限界近くになって来られる方なので、どうしても複数回必要な場合が多くなります。

初回、状態をみてベストと思われる回数を提案しています。

良さそう!自分の身体に合いそう!信じてみよう!と思われたらとりあえずその回数通って、私達に任せていただければ回復が早いですよ。

もちろん、私達はプロですので、良くなったらその時点でお伝えします。そこからは、あなたが身体とどう向き合うかが大切ですよ。

 

良くなったらどうするのがいいですか?

1.治ればいいという方は、また具合が悪くなった時に思い出してください。

2.もう痛い目に合うのはイヤ!と思う方はメンテナンスをして定期的に通うと、辛い思いをしなくてすみます。

特に重労働の方は3週間に1回がベストです。

3.自分で良い状態をキープしたい方は、自己管理のためのアドバイスをさせていただきます。

 

快適な毎日を送るためのメンテナンスの方法は?

1.整体で定期的に疲労を取る

2.オイルトリートメントで定期的に疲労を取る

3.整体で身体を整えて、オイルトリートメントで疲労を取る

または、フェイシャルエステでお肌をキレイにしながら、気分転換をする方法もおススメです。

ご自身のメンテンナスはもちろん、大切なご家族と一緒に体のお手入れもできます。

ペアコースでは整体、リンパオイルトリートメント、フェイシャルエステの中から希望のメニューをお選びいただけます。

 

ストリーズケアでは正しい姿勢や、良い状態を維持するストレッチや体操などをご紹介するので、基本的にはご自身で健康を維持する努力をして頂きたいと考えています。

しかし、何か変調があったらいつでもストリーズケアがあなたの不調を解決しますのでご安心ください!

 

ストリーズケアでは現在、初回限定お試しキャンペーンを実施しています。

もし、あなたが身体の不調でお悩みなら、ぜひ一度お試しください。

予約のお電話084-983-3533
営業時間 9:00~21:00(定休日:火曜日)
メールでのお問い合わせはこちら

関連記事
お電話でのご予約はこちら