お肌の紫外線対策(UVケア)の正しい方法を教えてください – 福山市の健康と美を考えるエステサロン、ストリーズケア。
あなたの秘められた美しさを呼び覚ます。ストリーズ・ケアでは、最新技術とフレンドリーな雰囲気で、あなたをお待ちしております。TEL:084-983-3533
2018-03-30

お肌の紫外線対策(UVケア)の正しい方法を教えてください


「シミ、そばかすが悩みなので紫外線対策には気を使ってるんですけど、なにか良い日焼け止めと方法を教えてください」

昨日お客様からこんなご質問がございました。

ストリーズケア岡田奈津季です!!

そこで今日は正しいUVケア、おススメの日焼け止めや紫外線に関しての豆知識をご紹介します😊☀

紫外線対策は春先から必要!

皆さんは何月ごろから日焼け止め塗っていますか?

そしてしっかりUVケアできていますか?

 

紫外線は夏だけではありません!春から秋までが特に紫外線の強い時期!

紫外線量は春からグーンと増えて、秋になるとだんだんと弱くなり始めます。

若々しい肌を目指すには3月の春先から9月終わりまでの秋のUVケアがとっても大切です。

 

紫外線には種類がある!?

そうです、紫外線には種類があります。

「UV―A」は生活紫外線と呼ばれ、光老化・シミ・シワの原因に。

一方、レジャー紫外線と呼ばれる「UV―B」は肌が黒くなる原因となります。

よく海などに行って日焼けして真っ黒になっちゃうのもUV-Bの仕業ですね💦

浴びすぎるとヤケドや炎症の原因にもなります。

 

知っていますか?SPFとPAの意味

SPFとPAは日焼け止めの効果を表します。

 

SPF(SUN PROTECTION FACTOR)=UV-Bを防ぐ指標。

「SPF1=20分」ですので、SPF30は10時間UV-Bを抑制できることを表します。

 

PA(PROTECTION GRADE OF UVA)=UV-Aを防ぐ目安。

PA+から4段階で表記されます。PA+++は「非常に効果がある」ということを表します。

 

なので、日常生活ではSPF30、PA+++ の表記がされている日焼け止めなどで十分ですね(#^.^#)

 

数値が高い方が効果も高くなりますが、、むやみに高い数値の日焼け止めは、肌への負担も増えます。

数値の意味を正しく知って、肌やシーンに合ったものを選びましょう!🌻

 

☆そして一番肝心なのが、日焼け止め選びです☆

スキンケア商品選びと一緒で、お肌に極力負担をかけないものを選ぶのが基本です。

最もオススメなのはストリーズケアでも取り扱っている、『ポリシー サンブロック』です!

オススメする理由は、3つです。

 

①天然力にこだわり、無添加を追及

紫外線カット成分として天然素材の「カンゾウ根エキス」を採用。

そしてどなたでも安心して使って頂けるようオーガニック成分配合。(ホホバ・ローズマリー・カミツレetc…)

防腐剤も天然のものにこだわり、肌への優しさを追求しています。

 

②カプセル処方

べたつきや刺激の原因である、「紫外線吸収剤」をシルクのマイクロカプセルに閉じ込めています!

サラサラして軽いつけ心地なのに、デリケートな肌も紫外線からしっかり守ってくれます。

しかも、専用のクレンジングはいりません!!

 

③美肌成分たっぷり♡

保湿成分や美白成分をたっぷり配合!UVケアしながらスキンケアも!

・潤い成分(ホホバ種子エキス・ヒアルロン酸・スクワランetc…)

・美白成分(オウゴン根エキス・ボタンエキスetc…)

・肌荒れ防止成分(アルニカ花エキス)

 

このようにお肌に良いものばかり入っているのに、プラスで美肌作りも出来るのが

ポリシーのサンブロックですね😉

 

いかがでしたか。紫外線対策は美肌作りには重要なスキンケアです。

ストリーズケアのフェイシャルエステと併用されると、シミ、そばかす防止にさらに効果的です。

只今、フェイシャルエステのお試しキャンペーンを実施していますので、もし、あなたがしみケアでお悩みなら、ぜひ一度お試しください。

予約のお電話084-983-3533
営業時間 9:00~21:00(定休日:火曜日)
メールでのお問い合わせはこちら

関連記事
お電話でのご予約はこちら